FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

2007-04

【振替休日】ヲタ補給?【充填】

昨日はサッカーヲタな一日だったが、今日はアニヲタな一日を過ごしたような気がする。

午前は先週取りためていたアニメを6本をマラソンで見て過ごす。
午後はラジオでアニソン特集があるものの買い物に行く必要があったので大きいポータブルラジオを取り出し聴きながらお買い物。
新宿で買い物をしていたのだが、まずは服を見るためにマルイとかをダラダラと歩いたり、ツープラのスーツの店3つくらい行ったりしました。服を見ると疲れますよね。あれが楽しい人は凄いなぁと思いますよ。おいらはお洒落さんにはなれないですね~。
その後はいつもの巡回ルートである「とらのあな~ソフマップ~ゲのマのズ」に回る。
一応最低限ほしい物を買いましたですよ。
GA2-2「無限回廊の鍵」をゲのマのズで予約し、ビームサーベルを貰って帰ろうと思ったのだが、発売10月予定なので今予約しても予約したことを忘れてしまうこと請け合いなので今日はパス。
こっちの方が絶対落ち着くね。商品に目を輝かせても違和感は全く無いし、値段と質とのバランスが自分で判断できるのが落ち着く!


帰ってもまったりラジオを聴いて過ごしました。
今日NHK-FMでアニソンを10時間くらい放送していたので思わぬ一日となりましたよ。

ちなみに今日ラジオでやっていたセットリストはコレっす。
8割くらいは聞いたことある曲だったので楽しめましたねぇ。
でもさすがに10時間も聞いていると水木一郎の声が脳内に響き渡っている…。
スポンサーサイト



【第8節】鹿島×浦和【@鹿島】

4/29 16:00~ 鹿島アントラーズ×浦和レッズ @カシマスタジアム


鹿島0 1浦和
NO. 選手 時間 NO. 選手
'56 10 ポンテ







☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
---------永井---------
-MF-------------------
-長谷部--小野--ポンテ-
----------------------
------阿部---啓太-----
-DF-------------------
-坪井------------山田-
-----闘莉王--堀之内---
-GK-------------------
---------都築---------

永井雄一郎 → 岡野雅行 84分
阿部勇樹 → 内舘秀樹 87分
ロブソン・ポンテ → セルヒオ・エスクデロ 90+分



☆鹿島アントラーズスタメン☆
-FW-------------------
-----マルキーニョス---興梠---
-MF-------------------
---------ダニーロ-----
---本山----------野沢-
-----------中後-------
-DF-------------------
-新井場----------内田-
-----青木----岩政-----
-GK-------------------
--------曽ヶ端--------

興梠慎三 → 田代有三 61分
ダニーロ → 増田誓志 64分
本山雅志 → 佐々木竜太 84分
☆試合感想☆
鬼門と言われ続けたカシマスタジアムだったが、今日は上手く勝った感じだ。
レッズは#21ワシン㌧が疲労とかその他でメンバー外になっていたため、#9永井の1トップだった。
坪井を左サイドバックに置き、阿部をボランチ、長谷部を1つ前に置くフォーメーションだ。
しかし、試合展開に応じ流動的にシステムを変えている印象があった。
特に鹿島#11ダニーロが思ったよりバイタルエリアでのプレイを好まない選手だったようで、下がっていく機会が多かった。
それによりレッズのDFが余る事が多かったため途中から#6山田がひとつ上がり3-6-1気味のシステムに移行した。
流動的に試合中にシステム変更が出来るように段々となってきている感じがして良いですね。
その結果ACL帰りでやや動きが重い感じがありましたが、相手をいなすサッカーが出来ていたような感じがします。


各選手の評価その他は↓で

全文を表示 »

【ACL第4節】川崎×全南【@等々力】

4/25 19:00~ 川崎フロンターレ×全南ドラゴンズ @等々力競技場


川崎3 0全南
NO. 選手 時間 NO. 選手
10 ジュニーニョ '25
16 テセ '80
16 テセ '86






☆川崎フロンターレスタメン☆
-FW-------------------
----ジュニーニョ---テセ----
-MF-------------------
-村上--マギヌン--森---
----------------------
----中村------谷口----
----------------------
-DF-------------------
--伊藤---寺田---箕輪--
-GK-------------------
---------川島---------

☆試合感想☆
今日はレッズの試合がアウェイ上海だったが行けなかった。
シドニーに行ったのにさらに2泊3日をお願いしたら会社に永久の夏休みが貰えそうだし。
午後休で等々力からほど近いスポーツバーで上海×浦和の試合を観戦。
その後等々力に直行し試合観戦。
結局前半4分にスタジアムに着けました。

試合を上手くコントロールした川崎がしっかり勝ったという試合でしたね。
全南もそこそこ強いチームだが、熟成された川崎のサッカーが勝っていました。
特に興味深かったのが#11マギヌンだ。
マンマークをつけられていたため、消えている時間が長かったが、そういう時は敢えて周りを生かしていた。
そして全南が攻撃に転じた後半25分過ぎから突如として存在感を見せ始め、終盤の2得点に繋がった。
試合を90分通して設計している感じだし、ゲームプランがしっかりしている証拠だろう。
とりあえず残り1つ勝ち点を取れば突破という状況になった。
先に突破されるのは正直悔しいが、突破に値するサッカーをしていたということだろう。

【ACL第4節】上海×浦和【プレビュー】

ACLの第4節です。
2位ペルシクと勝ち点差1、3位シドニーと勝ち点差3。
今節勝ち点3を取ると次節以降どちらかが半分脱落した状態で闘えるため精神的に優位に立てる事が予想される。
今期アウェイの成績は引き分けが多いが、勝ち点3を持ち帰りたいところだ。

4/25 17:00~ 上海申花SVA×浦和レッズ @源深体育場



☆試合前展望
中国のアウェイはヤバいという噂ばかり先行しているが、実際のところどうなんでしょう?
シドニーでは持ち込み物のチェックは噂とは異なり甘かったですが、今回はどうなるのでしょうね。
アウェイなので、ACL3節の時のような集中力の欠いた試合をしてしまったら勝ち目は無いと思っている。
前半からトバすスタイルになっているので前半から2点くらい取ることが必要になってくるのではないかと思っている。


☆浦和レッズ予想スタメン☆
-FW-------------------
-------ワシン㌧-------
-MF-------------------
-小野--ポンテ--長谷部-
----------------------
-----堀之内----啓太---
-DF-------------------
--阿部-----------山田-
-----闘莉王---坪井----
-GK-------------------
----------都築--------


今回は怪我で永井が離脱。細貝がシリア遠征の影響で中国遠征は帯同出来なかった。
FWの残された選手は#30岡野、#18小池の2名しかいないが、どちらもオジェックからは90分使えるという信頼は得れていない。
そこでポンテ、小野、長谷部の3枚をシャドーに置くイメージの4-2-3-1の布陣と予想。
前節ゴールをあげた#20堀之内をボランチにし、怪我明けの闘莉王をCBに据える布陣だ。
場合によっては堀之内を起用せず、左SBに#14平川、#22阿部がボランチというパターンや、 #14平川を右SB、シャドーの位置に山田のパターンの可能性もある。


☆上海申花SVAスタメン?☆
例によって情報がさっぱりわかりません。
リーグ戦もココに来て調子が落ちているとか?
まずは目の前の選手をしっかり捕まえる事が大事ですね。




【第7節】浦和×川崎【@埼スタ】

4/21 16:00~ 浦和レッズ×川崎フロンターレ @埼玉スタジアム2002


浦和1 2川崎
NO. 選手 時間 NO. 選手
'50 9 我那覇
'56 11 マギヌン
20 堀之内 '64







☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
-小野----------ポンテ-
----------------------
-----長谷部---啓太----
-DF-------------------
-阿部------------山田-
-----堀之内--坪井-----
-GK-------------------
---------都築---------

小野伸二 → 平川忠亮 74分



☆川崎フロンターレスタメン☆
-FW-------------------
----ジュニーニョ---我那覇--
-MF-------------------
-黒津--マギヌン--村上-
----------------------
----中村------谷口----
----------------------
-DF-------------------
--伊藤---寺田---箕輪--
-GK-------------------
---------川島---------

黒津勝 → 井川祐輔 71分 谷口博之 → 河村崇大 75分 我那覇和樹 → 鄭大世 87分 ☆試合感想☆
神話というのは作られしお話、現実は始まりがあって終わりがあるわけで…。
ホーム不敗神話は神話でなく負けることによって終わりを迎えたわけですね。
…とまぁ偉そうに書いてみたわけですが、やっぱり悔しいですね。負ける事。特にホームで負けることが…。
今日は試合に入る前の雰囲気自体も「ACL前だし負けないようにしたい」という空気をちょっぴり感じていたりした。
やっぱり勝ちたい!って気持ちで試合をしないで負けないように…って思っていたのが相手よりあったのかもしれない。
特に昨年までのサッカーと違いアグレッシブに出て行くチームに変えようとしているので、なおさらそういうメンタル的な部分がね…。
この負けで目が覚めて連戦続きをしっかり闘いきれるか?それとも悪い流れになってしまうのか?チームの姿勢とメンタリティが問われていますね。

各選手の評価その他は↓で

全文を表示 »

【第7節】浦和×川崎【プレビュー】

4/21 16:00~ 浦和×川崎 @埼玉スタジアム2002


☆試合前展望
第7節
リーグ戦1位×7位の試合と見るとレッズ有利に聞こえるかもしれないが、昨年度の1位×2位の試合だ。 このカードは熱戦になることが多く、サッカーの面白さが詰まった試合になることが多い。 ACLの重要な試合を水曜日に控えているが、お互い一歩も引くことなく試合になるでしょう。


☆浦和レッズ予想スタメン☆
-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
---小野-------ポンテ--
----------------------
-----長谷部--啓太-----
-DF-------------------
--阿部-----------山田-
-----闘莉王---坪井----
-GK-------------------
----------都築--------


オジェックは基本的にメンバーをいじらない人なので前節のままかな。
ベンチに代表帰りの細貝が入るかどうかというレベルでしょう。



☆川崎フロンターレ予想スタメン☆
-FW-------------------
----黒津----ジュニーニョ---
-MF-------------------
-------マギヌン-------
----------------------
-村上-------------森--
-----中村---谷口------
-DF-------------------
---伊藤--寺田--箕輪---
-GK-------------------
---------川島---------

川崎は我那覇がスタメンで出るのか?ボランチは河村か?などやや異なるかもしれませんが、基本的にはコレでしょう。



注目選手:
浦和レッズ #2坪井慶介
フロンターレと闘う時にまず大事なのは守備から入ること。
しっかりとした守備があれば失点のリスクを減らせ、ロースコアの試合になる。
川崎と点を取り合う展開は一番危ないのでまずはしっかりとした守備から。
守備の要坪井は川崎FWの#10ジュニーニョとのマッチアップが主になるだろう。
ミドルレンジからのシュートと突破の際のスピードは去年得点王のマグノアウベスと肩を並べる力を持っている。
4バックになりカバーリングをしてくれる選手が居ないケースが多いため、1対1で上手く抑えきれるかが大切になる。

川崎フロンターレ #7黒津勝

スタメンで出てくるか途中から出てくるかはわからないが、スピード感あふれるいいFWというイメージがある。
ジュニーニョ×坪井のマッチアップも見所なのだが、黒津×闘莉王のマッチアップも難しいものになるだろう。
左足から放たれるシュートも年々スケールアップしている感があるので、彼を捕まえきれるかはとても大切な事だろう。

【16本/週?】新番組レビューとかその他【07-08 1Q】

最初はU-22の試合のレビューでも書こうかなぁと思っていたのだが、布団に包まってテレビをつけていたら試合中寝てしまった…。
何で家長のゴールは見ていたけどプロの方の本田のゴールは夢の中でした…。
非常に退屈な試合でしたねぇ。
チームとして崩す事が日本の今までの強みだったのに、それが全く感じられないのがU-22というチームですね。
まぁすべてを見ているわけじゃないので苦言はこの辺で。ここ数日の日記でも。

4月に入って仕事が完全に暇状態なので、わりとまったり過ごす。
秋から実施予定のネタを仕込んだりしてた。
ここ最近浪費癖がつきつつあるのがちょいと問題だ。
4月になり、新期もスタートしたので好例のレビューをば。今期は新作が多いので簡単目に。

作品名(評価S~D)寸評

継続
デスノート(A)第二部?に入ったのかしら?Lとのやり取りで終わると思っていたのだが、新キャラ登場ですね。クオリティは高いままだ。
のだめカンタービレ(A)クオリティは高いし落ち着いて見られれる。今期も安定した出来を披露するでしょう。
ロケットガール(B)思っていたより楽しい。JAXAがバックについているのに自由にやれている感じも高評価

新規
神曲奏界ポリフォニカ(B)コーティーがロッティに見え、双子の妹がよっぴーに見えるのは秘密だ。まぁまぁ面白いんじゃないか?
魔法少女リリカルなのはStrikerS(S)今期のエースですから期待度高いです。初の2クールなので間延び感を感じさせないのが課題か。
おおきく振りかぶって(A)原作全く知らないのだが面白そうな感じ。とりあえず捕手押しで見ていこうかな。
風の聖痕(C)リアルバウトハイスクールですか?何か微妙。数話でやめてしまうかも。
この青空に約束を(C)良くわからないけどツンデレ少女と寮で暮らす話なのかな?微妙…
鋼鉄三国志(C)おいらは史実派なのであまりこういうフィクションは好きじゃないのかも…。気が向いたら見ます。
怪物王女(B)バトルが微妙だけど絵的には好きかも…。視聴継続か悩むところです。
かみちゃまかりん(B)珍しく原作から入った作品。配役は間違っていないがあとはクオリティ次第か…。
ロミオ×ジュリエット(B)意外に面白いかも。赤魔導士にしか見えないが…。
ハヤテのごとく(A)さすが釘宮だぜ!って感じですね。釘宮と強力若本御大を楽しむのがいいでしょう。
アイドルマスター(D)これロボ格好いいか?おいらにはこの作品の良さがわかりません…。
らき☆すた(A)面白いですね。こういうゆるゆるな作品好き。平野声もそこまで違和感ないですし。
瀬戸の花嫁(A)モモーイがモモーイな感じですね。モモーイが発する違和感のある方言がまた素晴らしい!
エル・カザド(B)清水愛らしい役だが、良くは無い。並の作品といった感が否めないなぁ…。
ぼくらの(D)世界観が合わなかったので1話見ただけで終わりかなぁ。
クレイモア(B)絵はあまり好きじゃないけど、面白そうな話の予感…。
Over Drive(B)少年誌っぽい感じですね。とりあえず見ますよ。
ながされて藍蘭島(B)堀江由衣ですね。スタチャが一枚噛んでいる感じがアリアリですね。別に嫌いじゃないですけど。
sola(D)面白さがわからなかった。
大江戸ロケット(D)30分もたないで切ってしまった…。
エマ(-)まだ本編見ていないので評価前段階ですね。

【ACLアウェイ】上海へ行かれる皆様へ注意点【4/25】


来週はアウェイで上海申花とのアウェイマッチがあります。
現地の日本領事館より気をつけて欲しい点が発表されました。
ACL(浦和レッズ対上海申花戦)開催に伴うご注意
下記は抜粋です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
1. AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ(ACL)の予選試合として、4月25日(水)16時から、浦和レッドダイヤモンズ(以下「レッズ」)と当地の上海申花との対戦が源深体育場(上海市浦東新区)にて行なわれます。
2.今回の試合においては多数の邦人が観戦することが想定されています。レッズ・サポーターやファンのみならず、当日夜に上海市内に滞在される旅行者や在住の邦人の皆様は、不測の事態に巻き込まれないよう、安全確保に十分注意して行動してください。特に次の諸点に注意が必要です。
 (1)観戦に当たっては、スポーツ精神に則ったマナーの良い応援をしましょう。
 (2)野次ったり、騒いだり等、相手側に挑発的と受け止められるおそれのある行為は、しないようにしましょう。
 (3)人が集まっている場所に、興味本位で近寄らないようにしましょう。
 (4)試合会場の外でも、集団若しくは大声を出したり、レプリカ・ユニフォーム等チームグッズを装着したり等、過度に目立つ行動は取らないようにしましょう。
3.本件対戦に係る邦人の安全確保については、当館より中国側関係当局に対し、万全を期すよう強く要請しています。
4.不明な点がある場合、また、当地で万一トラブルに巻き込まれたり、不測の事態が生じた場合には、当館代表電話 021-5257-4766にご一報ください。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
上海には4500人?という大人数のサポーターが駆けつけるようです。
シドニーでは駅前や観光地でレプリカを着ていても問題なかったですが、今回はそうではないようですね。
スタジアムでの旗の持込が不可能という噂も流れていますね。
W杯の時のように旗についてる棒が危険物で、棒を取れば持ち込めるというものだったら良いのですが…。
まぁ今回おいらは行けないので(ってかキックオフ時は仕事中?)現地組には頑張って欲しいです。
シドニーのように大きく平和な街もあれば、反日感情のある街もある。
アジアでチャンピオンズリーグを戦うということはこういうことなんだなぁ…。と改めて考えさせられます。
でもこういうサポーターにとって逆境な局面こそ、最高に声が出て、気持ちの入った応援を出来るのがレッズサポーターという人種だったりします。
大きなトラブルにならないことを祈っています。
小さなトラブル(スタジアム側と話合いとか)は日常茶飯事ですが、相手は軍隊らしいので無理しすぎないように…。

【第6節】柏×浦和【@国立】

4/15 15:00~ 柏レイソル×浦和レッズ @国立競技場


柏0 2浦和
NO. 選手 時間 NO. 選手
'26 21 ワシン㌧
'38 8 小野







☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
-小野----------ポンテ-
----------------------
-----長谷部---啓太----
-DF-------------------
-阿部------------山田-
-----闘莉王--坪井-----
-GK-------------------
---------都築---------

永井雄一郎 → 平川忠亮 76分
ロブソン・ポンテ → 岡野雅行 90+分



☆柏レイソルスタメン☆
-FW-------------------
---------佐藤---------
-MF-------------------
-平山--フランサ--阿部-
----------------------
---アルセウ---山根----
-DF-------------------
-大谷------------蔵川-
-----近藤----古賀-----
-GK-------------------
---------南-----------

山根巌 → 小林祐三 31分
阿部吉朗 → ドゥンビア ハーフタイム
佐藤由紀彦 → 谷澤達也 54分
☆試合感想☆
サッカーの世界で「タラレバ」を言ってはいけないですね。 だけど敢えて言おう。「日立台かつフルメンバーだったらどうなっていたのか?」
まずは国立開催であったということ。
これはやはり日立台劇場の雰囲気が出せなかったことですね。
やはり試合前のスタジアムの雰囲気は試合に影響するものだと思っているので、残念でしたね。
次に柏はフルメンバーではなかったということ。
フルメンバーでなかったのは代表に選出されていた菅沼・李、そして直前の練習で怪我で離脱した鈴木達也だ。
前線の3人が変わった状態でいいサッカーをするのはどこのチームでも無理があると思う。
"魔法使いフランサ"の魔法をかける選手たちがいつもの選手ではなかったため、不発となった。
柏にしていみれば試合外のところでの問題でいつもの力が出せなかったということになる。
これもチーム力といってしまえばそれまでだが、もったいないと感じた。


各選手の評価その他は↓で

全文を表示 »

【第6節】柏×浦和【プレビュー】

4/15 :00~ 柏レイソル×浦和レッズ @国立


☆試合前展望
第6節
彼らの聖地日立台での試合を敢えて避け、興行面重視で国立開催を選択した柏。
彼らの思惑通り国立開催による儲けは出るだろうが、勝ち点を犠牲にした儲けになるのかどうか…。


☆浦和レッズ予想スタメン☆

-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
-小野----------ポンテ-
----------------------
-----長谷部---啓太----
-DF-------------------
-阿部------------山田-
-----闘莉王--坪井-----
-GK-------------------
---------都築---------


怪我人・疲れが考慮されるが、特に変えることなく試合をこなしていくのがオジェック流なのか?
とりあえず前節と同じメンバーでと予想。
怪我持ちの闘莉王、ポンテあたりは外れる可能性があり、その場合は堀之内、酒井、内舘あたりが起用されるのかな?



☆柏レイソル予想スタメン☆
-FW-------------------
--------ドゥンビア-------
-MF-------------------
-鈴木--フランサ--佐藤-
----------------------
---アルセウ---山根----
-DF-------------------
-大谷------------蔵川-
-----近藤----古賀-----
-GK-------------------
---------南---------

李と菅沼がU-22選出のためメンバーの変更があると思われる。
今回はFWにドゥンビア、右の鈴木達也を左に回し、佐藤由紀彦を右サイドと予想。
魔法使いフランサの出来がチームの浮沈を左右するであろう。



注目選手


☆浦和レッズ☆
#6阿部勇樹
今期すでにセットプレイから3ゴールをあげているのでそのヘディングは注目。
今期の柏はサイドに張っている選手が積極的に中に入ってくるため、サイド+センターでの守備力がある阿部には適任だろう。
また流動性あふれる攻撃の起点になるケースも多く、中盤の活性化も期待される。
☆柏レイソル☆
#5古賀正紘
柏の守備力を支えているDF
高さに加えて今期はライン捌きもうまくやっている。
まだ調子が上がりきっていない#21ワシントンとのマッチアップを押さえきれるか注目です。

【雑感】平凡な?一日【最近の出来事】

久々に普通の日記を書いてみようと思った。
今日は試合も無いし書きわすれた記事もないですからね。

日記的な書きたかったこと
①DVDレコーダー買いました。
 今までPCでテレビを録画するという少し変なスタイルを取っていたおいらの部屋ですが、DVDレコーダーをやっとこさ買って見ました。
まだ使い方に慣れていないのでなんとも操作感はぎこちないものですが、PCとあわせれば裏番組も取れそうですね。買ったら買ったでBSデジタルも見たくなってしまうのは人間の欲深さですな。

②GWは出張になってしまいました…。
 5/3と5/7が出張になってしまいました。今期は達成を目論んでいた公式戦ホームゲーム全試合参戦は早くも5/3のジェフ戦でミッション失敗となってしまうのかぁ…。凄い残念です。

③ペルシク×シドニーは2-1でペルシクの勝ち
 これは予想外でしたねぇ。まぁ退場者も出たのでこういう番狂わせがあったのでしょうが、予選リーグを考える上で非常に大事なスコアになる感じ。ACL4~5節は順当に行くと思われていたが、3チームとも自力で決勝トーナメントに行けるし、難しい試合が続きそうですね。

【ACL第3節】浦和×上海【@埼スタ】

4/11 19:30~ 浦和レッズ×上海申花SVA @埼玉スタジアム2002


浦和1 0上海
NO. 選手 時間 NO. 選手
22 阿部 '42


☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
-小野----------ポンテ-
----------------------
-----長谷部---啓太----
-DF-------------------
-阿部------------山田-
-----闘莉王--坪井-----
-GK-------------------
---------都築---------

ロブソン・ポンテ → 細貝萌
永井雄一郎 → 岡野雅行


☆試合感想☆
さて、前節に引き続き内容は良くないですね。
開始早々の永井のドフリーの局面で取れなかったのがじわじわと利いてきた感じの試合でした。
まず前半は圧倒的にレッズがキープ。レッズのプレスに申花が戸惑っている様子。
決定機を数度作るものの最後が決めきれない…。
そんな圧倒的に押し込んでいる状態のまま決定力とシュート数が少ないまま時間は30分くらい経過。
申花がプレスに慣れてきたのか少しずつ押し返す。
向こうは一度センターFWに当てた後大きくサイドに開くというスタイルのようだ。

前半42分好位置のセットプレイで#10ポンテ→#22阿部のラインでゴール。待望の先制点だ。


一応リードを奪い後半へ。後半からレッズは3バックへ移行した様子。
山田が前半より高い位置につくことが多くなる。
しかし、これが裏目に出て、レッズのCB(坪井・闘莉王)が最終ラインで1対1で守る局面が増えすぎてしまう。
これにより全体がやや下がり気味に…。

後半15分くらいに山田が自主的に?サイドバックのポジションに戻り4バックに戻した。
だが今度は中盤が少しずつあいてきたため、ロングボールを多用され苦しむ時間帯が続く。
この辺から試合の流れは申花のものになってきた。

後半30分くらいまで悪い流れのまま耐え、ホルガーオジェックは1枚目の交代枠を使用する。
前節と同じく#10ロブソン・ポンテ→#3細貝萌だ。
この交代がチームに安定感を生み、中盤の大事なところが空くという現象は回避された。
その後前線に岡野を投入し、前線を活性化し、試合をしっかり終了させる。
逃げ切る手段として問題ないものであった。




評価その他は↓で

全文を表示 »

【ACL第3節】浦和×上海【プレビュー】

Big Wednesday Project第二弾
ACLの第3節です。
今節勝利を逃すと、シドニーFCに首位の座を明け渡す事になるため、勝利が義務付けられる。

4/1 19:30~ 浦和レッズ×上海申花 @埼玉スタジアム2002



☆試合前展望
レッズは土曜日にリーグ戦を消化し、中3日での試合。
対する上海申花も土曜日にリーグ戦を消化した(らしい)ので条件は五分五分ですね。
本命と目されていた上海申花の実力はいかに?


☆浦和レッズ予想スタメン☆
-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
---小野-------ポンテ--
----------------------
-----長谷部--啓太-----
-DF-------------------
--阿部-----------山田-
-----闘莉王---坪井----
-GK-------------------
----------都築--------


最近取り組んでいる4バックでしょう。
メンバーは前節と一緒。
闘莉王と啓太が怪我で出場が怪しいという噂がありますが、多分闘莉王は気合で出たがるでしょう。
啓太に関しては欠場の可能性もありますね。その場合は細貝が左CBに入って阿部がボランチかな。



☆上海申花SVAスタメン?☆
例によって情報がさっぱりわかりません。
何か相手の前線にはウルグアイ人トリオが居るらしいですよ。
#8阿隆索、#9布蘭科、#10科雷亜と呼ばれているらしいのですが、なんて読めばいいのやら(笑)
ちなみに調べたところによると#8:FW:Diego Martin Alonso、#9:MF:Sergio Blanco、#10:FW:Fernando Correaと言うそうです。
現代表数人に元代表・オリンピック代表も居るらしく、ACLに出てくるチーム感じですね。
前線の#8Diego Martin Alonsoは190cm以上あるらしいので高さも警戒です。




【第5節】千葉×横浜C【@フクアリ】

今節3試合目(笑)

4/9 16:00~ ジェフ千葉×横浜FC @フクダ電子アリーナ


千葉4 0横浜
NO. 選手 時間 NO. 選手
'27 8 水野
'65 -- オウンゴール
'70 22 羽生
'73 16 山岸

☆ジェフ千葉スタメン☆

-FW-------------------
---------巻-----------
-MF-------------------
------羽生----工藤----
山岸--------------水野
------佐藤----下村----
-DF-------------------
---水本----ジョルジェビッチ
-------ストヤノフ-----
-GK-------------------
---------岡本---------

佐藤勇人 → 朴宗真 73分
羽生直剛 → 青木孝太 77分
巻誠一郎 → 新居辰基 77分


☆横浜FCスタメン☆
-FW-------------------
----シウバ-----難波---
-MF-------------------
-----滝沢----奥-------
----------------------
------山口---根占-----
-DF-------------------
-和田------------中島-
------太田--小村------
-GK-------------------
---------菅野---------

中島崇典 → 小野智吉 67分
滝澤邦彦 → アドリアーノ 73分



☆試合感想☆
ジェフの調子が良くないらしいということでどんなもんかと見に行ってみた。
せっかくのフクアリなんで山盛りのソーセージを食べたりカレーを食べたりしながらまったり観戦。
1万5千人くらいだったようだが、あの小さいスタジアムでは多く入っている感じがしていいですね。

試合は予想していたのとは違い終始ジェフペース。
80分くらいはジェフが攻撃していたんじゃないかと錯覚するほどでした。
特に圧巻はゴールこそならなかったが、右サイド水野が作ってサイドチェンジ。
左の山岸が突破を見せてその後中に返す、中盤から走りこんできた下村がスルーし、フリーの佐藤が走りこんでシュート。
レッズではお目にかかれない攻撃パターンなんで、びっくりしました。
人もボールも動くサッカーという名前に恥じない攻撃をしていました。
ホームで調子が戻ってきたようなので、段々とスコアも良くなっていくような感じがしました。
問題はFW陣の決定力かな。先発の巻、他に新居、青木、さらには黒部と居ますが、絶対的なFWは居ないんじゃないでしょうか。
まぁ概ね満足のフクアリでした。

【第5節】F東京×新潟【@味スタ】

実はイビチャ監督と同じく2試合連続観戦していました。

4/7 14:00~ FC東京×アルビレックス新潟 @味の素スタジアム


東京1 3新潟
NO. 選手 時間 NO. 選手
'21 14 坂本
'52 27 リシャルデス
'55 10 エジミウソン
-- オウンゴール '61

☆FC東京スタメン☆

-FW-------------------
-------ルーカス-------
--鈴木----------川口--
-MF-------------------
----------福西--------
-----今野-----梶山----
-DF-------------------
-金沢----------伊野波-
-------藤山--徳永-----
-GK-------------------
--------塩田----------

川口信男 → 石川直宏 38分
伊野波雅彦2枚目の警告で退場 50分
福西崇史 → ワンチョペ 59分
金沢浄 → 平山相太 81分

☆アルビレックス新潟スタメン☆
-FW-------------------
----エジミウソン----矢野---
-MF-------------------
-----鈴木----リシャルデス--
----------------------
---シルビーニョ---本間-----
-DF-------------------
-坂本------------内田-
----千代反田--永田----
-GK-------------------
---------川口---------

鈴木慎吾 → 松下年宏 ハーフタイム
マルシオ・リシャルデス → 深井正樹 84分
松下年宏 → 千葉和彦 87分


☆試合感想☆
FC東京にとって散々な内容だったこの試合だが、いくつか見所があった。
立ち上がりは新潟ペース。攻守の切り替えが早い相手に、中盤が開いてしまうFC東京の悪癖が早くも前半から。
新潟#27M・リシャルデスの中央突破を許す局面が数度見られた。
試合が動いたのは前半21分に東京#20川口のミスから。
コレを年に何回かはあるミスだ。と前向きに捕らえれば良かったものの、リーグ戦で思うように結果が出ていないチームはそれを許さなかったようだ。
このミスを受けて前半38分#20川口→#18石川へと選手交代。
この選手交代の意図がおいら的には良くわからなかった。
もちろんチームとして許せないミスにならば、前半25分にでも変えればいいのだろう。
戦術的による交代には見えなかったので意図がはっきりしなかったと感じた。
(まぁ単純に石川のアップが間に合わなかっただけかもしれないが…。)

後半開始から新潟は#18鈴木慎吾→#7松下年宏を投入。
出来の良くなかった鈴木慎吾に変え、中盤のタメと中盤の切り替えの速度を重視した自然な交代だ。
コレによりFC東京の中盤は混乱し、50分の伊野波の退場を生む。
そして退場後からは一方的な展開になり一時は0-3のスコアになる。
その後は新潟がペースを落として試合を流してしまったので見るべきところは減ってしまった。
まぁアウェイかつこれから連戦なので、落とせるところは落としたほうがいいのかもね。


新潟は#27M・リシャルデスがフィットしてきたという感じを受けました。
中盤のポゼッションには難があるかもしれないが、ホームではコンスタントに成績を残しそうな印象だ。
F東京は負のサイクルに入ってしまった模様。
やりたいサッカーとやれるサッカーのギャップに苛まれている感に、やりたいサッカーを忘れてしまったという感じ。
まず急務なのはDFラインの整備かな。中盤をコンパクトに保つために両ウイングの守備と中盤との連携ですね。
このチームはもしかしたら、サイドに追い出す守備をするより、積極的にプレスをかけてボランチで奪う狙いの方がフィットするかも。
このコンセプトのままやるなら絶対的に運動量の高いボランチの起用が必要かな。
今野・梶山・福西と試合を読めるボランチは揃っているのだが、このフォーメーションを変えずに間延びを止めるには運動量しかないね。
これだったら伊野波をボランチ起用し、今野をCBの方が結果が出るのではなかろうか…。

【第5節】浦和×磐田【@埼スタ】

4/7 19:00~ 浦和レッズ×ジュビロ磐田 @埼玉スタジアム2002


浦和2 1磐田
NO. 選手 時間 NO. 選手
'32 22 カレン
21 ワシン㌧ '39
10 ポンテ '79

☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
-小野----------ポンテ-
----------------------
-----長谷部---啓太----
-DF-------------------
-阿部------------山田-
-----闘莉王--坪井-----
-GK-------------------
---------都築---------

ロブソン・ポンテ → 細貝萌 83分
永井雄一郎 → 岡野雅行 90+分


☆ジュビロ磐田スタメン☆
-FW-------------------
--------カレン--------
-MF-------------------
-----成岡-----太田----
----------------------
---パラナ-ファブリシオ-菊池--
-DF-------------------
-上田------------犬塚-
-----鈴木----田中-----
-GK-------------------
---------川口---------

成岡翔 → 村井慎二 50分
菊地直哉 → 茶野隆行 68分
犬塚友輔 → 船谷圭祐 79分


☆試合感想☆
ホームの力で勝ったけど、引き分けor負けが妥当な試合だったかもしれない。
4バック同士の戦いに慣れているのは明らかに磐田だった。
試合を通して太田・成岡が斜めに入ってくる動きを止めることが出来なかった印象だ。
特に後半はおいらが恐れていた犬塚がヘディングシュート。何で代表に呼ばれないのか不思議な太田もポストに当てる。
南側の左ポストに感謝する必要がありそうですね。
レッズはゾーンで見る場面とマンツーマンで見る場面の受け渡しが上手くいっていない感じを受けた。
特に阿部・小野・長谷部との受け渡しが苦労していたようだ。
それはもちろん3人のコンビネーションが成熟していないということもあるが、磐田の太田・成岡・ファブリッシオの連携の高さによるものだろう。
この試合でもうひとつ評価するべきことがある。
監督ホルガー・オジェックの采配です。
プレシーズンマッチから数えて7~8試合くらい消化していわけですが、その間にオジェックの評価といえば…。
・交代が遅い
・岡野投入くらいしかない
・戦術がハッキリしない
などといわれていましたが、今節は評価してもいいんじゃないかなぁと思います。
交代だけ見るといつもの通り平凡に見えますが、65分くらい経過したところで#10ロブソン・ポンテの足が止まってきていました。
交代もやむなしかなぁと思ってみていたのですが、オジェックはあえて変えず79分のゴールを生み出しました。
対する磐田は、後半途中から左サイドに#14村井を投入したことにより#7太田が右サイドに回りました。
ソレによって#17犬塚と右サイドでボジションが重なる場面が多くなってしまいました。
そこで磐田アジウソン監督は79分に犬塚→船谷とし、中盤を厚くしようと考えました。
しかし、その交代のタイミングでポジション修正とかが頭の中に入った磐田DFは#9永井の動きへのチェックが甘く、ゴールを許してしまいました。
動いたアジウソン監督と動かなかったオジェック監督。この辺の試合の表面に出てこないことが試合を分けたのではないかと思っています。
リードを奪った後はヤラレていたサイドのケアの為に#10ポンテ→#3細貝としているのも良かったと思います。

評価その他は↓で

全文を表示 »

【第1話】魔法少女リリカルなのはStrikerS【今期のエース】

内容のキャプチャーレビューはこちらのサイトSTAR☆LIGHT日記様で丁寧に行われているので内容説明は割愛。

おいらの感想をば。
【オープニング】
相変わらずの好クオリティですね。
前作はなのは×ヴィータの鍔迫り合いが燃えましたが、今回は各キャラの立ち絵だけでなく、デバイスにもスポットを当てていたのがよかったです。
新キャラ2人(ティアナ・スバル)のデバイスも気になるところですが、まぁそのうちわかることなので楽しみにしておくのがいいですね。

【前ストーリ】
なのはが火事に巻き込まれているスバルを助けるという話。
これで火が怖いとかいう伏線があったりするのか?とかつまらないことを考えてしまった。
大きくなったなのはは見た目違和感は別にありませんね。

【本ストーリ】
ティアナ・スバルの昇進試験です。
なのは・フェイト・はやてが試験の補佐を行っているようですね。
リインフォースⅡもいるんですか…。
内容としては新キャラ2人(ティアナ・スバル)の顔見せという感じの強いストーリでしたね。
この辺は2クールあるゆとりがなせるんじゃないかなぁと勝手に解釈。
オープニングから推察したのだが、スバルはなのはの弟子、ティアナはフェイトの弟子という構図で進んでいきそうな感じ。
スバルはなのはに似て力戦を好みそうだし。


【エンディング】
一度聴いただけなんでまだどこがよい悪いってのはわからないけど、いい感じかな。
田村ゆかりの良さが出ている感じがしました。
まぁCD発売してからしっかり聞いてみる感じにしたいので評価は避けるかな。

【全体的な感想】
なのは達は巨大化したので、今までなのは推しだったおいらも評価を変える必要があるかもしれないね。
とくに19才のなのはを永遠の17歳田村ゆかりが演じることに無理があるんじゃなかろうかと。
田村ゆかりはU-17の役をやるべきだなぁと思った。まぁ慣れれば大丈夫なんだろうけど。
おいら的には、はやて&リインフォースⅡが今期のツボになる予感。

今期のエースとして秋まで駆け抜けるか、評価が落ちることなく駆け抜けて欲しいものだ。

【第5節】浦和×磐田【プレビュー】

4/7 19:00~ 浦和レッズ×ジュビロ磐田 @埼スタ


☆試合前展望
第5節
現在リーグの上位を狙って勝ち点3が欲しい両チーム。
前回対戦は天皇杯準々決勝3-3PK戦と打ち合いになったが、今節は果たしてどうなるのか。


☆浦和レッズ予想スタメン☆

-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
-小野----------ポンテ-
----------------------
-----長谷部---啓太----
-DF-------------------
-阿部------------山田-
-----闘莉王--坪井-----
-GK-------------------
---------都築---------


シドニー戦途中から取り組んでいる4バックと予想。
メンバーは前節大分戦と同じメンバーと予想。



☆ジュビロ磐田予想スタメン☆
-FW-------------------
--------カレン--------
-MF-------------------
-村井---------太田----
----------------------
---パラナ-ファブリシオ-成岡--
-DF-------------------
-上田------------犬塚-
-----鈴木----田中-----
-GK-------------------
---------川口---------

リーグ戦4節と同じ布陣と予想。
カレン・太田と2トップになったり村井・上田が入れ替わったり流動的にポジションは変わるだろう。
3ボランチが生きるかどうかが生命線だ。



注目選手


☆浦和レッズ☆
#6山田暢久
J出場350試合目メモリアルマッチをどう飾るか?
右サイドバックにポジションを移してからは攻撃の機会も減り、良い状態とはいえていないが、自慢の守備は健在。
マッチアップするのが上田・村井と攻撃的なサイドの選手なので守備8:攻撃2くらいのバランスになるだろう。
圧倒的な身体能力で高くない身長も制空権は渡さない。また、自慢のブレ球を見せられるのか?彼の記念すべき試合に自力で花を添えられるか?
☆ジュビロ磐田☆
#17犬塚友輔
昨年はヤマハスタジアムの先制点を取り、天皇杯でも貴重な点を取った。
何故かレッズ戦に相性のいい選手。
去年はマッチアップする相手がアレックスだったり、相馬だったりしたのだが、引けを取ることのないプレーが印象に残った。
正確なクロスと、センターでもプレイ可能なマルチさが持ち味。
対レッズ戦3試合連続ゴールとなるのか?今回のマッチアップの相手は阿部勇樹なので、タイプ的にも当たりにくいと思われる。
犬塚×阿部。どのようなマッチアップになるか見ものです。

【06-07 4Q】最終回レビュー【わりといい期】

{総評、寸評など}
さて、06-07シーズンも終了ですな。
今期のまとめいってみようかしら。
【奏光のストレイン】 評価5.5
何話か抜けがあったので全体の評価は下しにくいが、あまりインパクトは残らなかった作品。ロッティが良かったですね。

【すもももももも】評価5.0
原作を良く知らないのだが、格闘系のくせに主人公がヘタレのまま終わるのはいいのか悪いのか。どうなんでしょうねぇ。

【護くんに女神の祝福を】評価6.0
原作の小説ではしっかりカバーされているんだろうが、ビアトリスの定義が中々把握できなかったので上手く入っていけなかった気がする。
「はいは~い」が何か最近口癖になりつつあるのでわりとインパクトはあったんじゃなかろうか。

【武装連金】評価5.0
良くも悪くも平凡な感じでした。深夜にやら無くても良かったんじゃないか???まぁ何か途中から惰性で見ていた感がありますね。

【少年陰陽師】評価5.5
そこそこ楽しかったかと。もう少し唱える呪文?が流暢に唱えられていればもっと印象が違ったと思う。声を当てる人の技術不足だと思うんだがどうだろう?もっとかっこよく出来たよなぁ…。

【金色のコルダ-Promo Passo-】評価6.5
来期も続くのだめさんとともに音楽路線を感じさせた良作。
腐女子向けのゲームという噂だが、話としては悪くは無かったのかと。
柚木君あたりは腐女子向けゲームっぽいなぁという感じはしましたけどね・・・。

【SHUFFLE!MEMORIES】評価5.5
何か面白くなかったのですが・・・。
ゲーム原作の場合、1つのエンドしか消化できないというアニメの根本的な問題点が露呈した結果となったのではなかろうか?
視点を変えてもお話は変わらない。そんなところですかね。

【Venus Versus Virus】評価5.5
期待したほど面白くは無かったというのが正直な感想。
ルチアというキャラクターを完全には生かしきれなかったのが敗因か。

【ひだまりスケッチ】評価7.0
今期ほのぼの視点では1位な作品。
実写を使った表現も浮くほどではなかったし、原作者の遊び心もふんだんに入っていたところは高評価。
新谷良子は演技の幅が限りなく狭いスペシャリスト気質だと思っていたが、さえ役が思ったよりフィットしていて、演技の幅があると思わせた。高いレベルでの全体的なクオリティを維持できたのが一番評価できる。今期一番の秀作かな。

【おとぎ銃士赤ずきん】 評価6.0
3クールと長期に渡って放送された06-07シーズン屈指の作品
金曜33時アニメと称され朝帯なのにまるで深夜っぽい感じを醸し出していました。
沢城みゆきを生かしきれていない感じがしたのでやや低評価になってしまいましたが、出し手側の意図の最大公約数を拾ったかのような作品でした。
「じゅ~うすぃ~」が頭の中に残ってしまうあたり田村ゆかりの強烈な個性ですね。

【パンプキンシザーズ】 評価6.5
2クール作品。良作だったと思います。
やや戦闘シーンに躍動感が足りなかったのが心残りですが、十分な世界観と話の深みでした。
原作好きに言わせると重要なキーワードが少なかったということですが、原作を知らないおいらには満足な出来でした。


【まなびストレート!】 評価7.0
今期終了した中で一番の作品でございました。
1クールながらインパクト・ストーリー・キャラともに文句のつけようの無い出来。
唯一の汚点といえばスプレーOP差し替え問題かしら。
あの問題も最終回の「消えるスプレー」という事で解決なんでしょうかね?
序盤の生徒会がひとつのチームになっていく過程と、終盤の学園祭を作り上げる過程の書き方、そして現在の社会にも巣食う問題提起も行っており、見るものが引き込まれる感じのする作品でした。
良作ですね。そのうち2日間くらいで一気に見たい作品です。

2007春調査(2007/1-3月期、終了アニメ、51+7作品)

【J2第4節】東京V×山形【@味スタ】

3/31 J2リーグ第4節 東京ヴェルディ1969×モンテディオ山形 @味スタ 13時~

まずはスコアから
東京V1 0山形
NO. 選手 時間 NO. 選手
9 フッキ '34




☆東京ヴェルディスタメン☆

-FW-------------------
----フッキ----船越----
-MF-------------------
----佐藤----ディエゴ--
----------------------
-----名波----ルイス---
-DF-------------------
--服部-----------福田-
------戸川---土屋-----
-GK-------------------
----------高木--------

船越優蔵 → 井上平 59分
佐藤悠介 → 永井秀樹 60分
名波浩 → 富澤清太郎 79分



☆モンテディオ山形スタメン☆

-FW-------------------
-------豊田--北村-----
----------------------
-MF-------------------
--宮沢----------財前--
----------------------
------渡辺--臼井------
-DF-------------------
-石川------------木村-
------レオナルド--小原----
-GK------清水---------

後半24分 宮沢克行 → 横山拓也 69分
後半26分 豊田陽平 → 林晃平 71分
後半33分 臼井幸平 → 坂井将吾 78分







☆試合感想☆
桜がキレイでしたね。
今日はフッキがと突破力を生かしPKをゲットしたが、それ以降は得点には近づけるもののそれどまりだった。
試合内容はあまり良くなかったけど、ヴェルディが上手く立ち回った感じかな。
おいらとしては山形#9の横山がレッズから行っているので注目してみていたのだが、微妙だった。
監督の意図が汲み取れて居ないのもそうだが、そもそもサイドハーフのポジションがあまり上手くないようだ。
FWでのプレイしか出来ないのだったらこの先きつくなると思うので今のうちにサイドハーフもマスターしておくべきであろう。
1クール目はヴェルディの躍進になるんだろうが、それ以降は今日のように上手く勝ち点を積み上げられるのか?甚だ疑問です。



全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

にく 29

Author:にく 29
雑感をダラダラと書き綴るブログなんで意見とか感想とか適当にコメントつけてくださると中の人が喜びます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア3

楽天トップ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: