FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

2007-09

2007秋調査(2007/7-9月期、終了アニメ、55+2作品)<

2007秋調査(2007/7-9月期、終了アニメ、55+2作品)

{総評、寸評など}
きっちり最後まで見た作品の簡易レビュー

ぽてまよ:喜久子お姉さんを楽しむだけの作品だったかと。萌え度微妙∧ストーリー性薄し。
もえたん:ゆかり姫を楽しむだけの作品だったかと。ゆかり姫の英語の発音の微妙さは最後まで続いた(笑)
らき☆すた:今期の象徴的な作品。圧倒的な強さを見せた。
瀬戸の花嫁:モモーイの良さが出た作品。良い作品でも悪い作品でも無いこの微妙な安定感がらしい感じだった。
Over Drive:原作は絵が好きじゃないんで読んでないけど、地デジでキレイに見させていただきました。軽快感は良かったかと。
エル・カザド:ストーリーが途中でだるく感じてしまった。エリスの秘密に迫るまでの過程がも少しシンプルだと良いんだが…。
1クールで良かったわ。
かみちゃまかりん:みゆきちを楽しむだけの作品となってしまった。まぁストーリーはこんなもんか。
さよなら絶望先生:立ち読みで毎週10分かかるのでアニメ化には無理があったか…。原作のリズムをアニメでは表現しきれない!
評価は割と高いんだけど原作の方がもっと良いと思っているんですが、その辺は表現の壁があるのかな。
ながされて藍蘭島:ほっちゃんを楽しむだけの作品だったかと。「あいやさっさお安い御用」が脳内に残ります。
おおきく振りかぶって:久々に面白い野球アニメに出会った!1クール1試合のリズムは画期的。
今期一番のスポーツアニメ。夕方帯でもっとお金使ってやっても良いんじゃないか?ってかやって!
ななついろ☆ドロップス:ふむ。エロゲ原作らしい感じだったな。そこそこキレイに出来ていた。
すももといえば小日向すももと九頭竜もも子だったけど、秋姫すもももインプットされました。
ゼロの使い魔:えっと。。。あまり面白くなかった。第1期はツンデレといえばルイズくらいだったのにね。
ツンデレがキャラポジションとして確立されて新鮮味が無くなったのか?ストーリーが薄いのか?
はたまたサブキャラが空気だったからなのか何かわからんが微妙だった。
School Days:誠の手の早さにむかつくためだけの作品だったかと。12話はトラウマになれる無いようですね。
女性に刺されて死ぬような人生っておいらには縁が無いんでさっぱりですわ。
ウミショー:予想以上に面白かった。原作でとっつきにくいのはやはり絵がごっちゃりなだけみたいだな。
なのは StrikerS:今期のエースになる存在と思ってみていたが、第8話がピークでしたね。
エリオ君が主人公な方がきっと面白かったような…。1クールで足りない感を煽ったほうが良かったかな。
何にせよ最高級の素材で平凡な作品になってしまった印象。

スポンサーサイト



【ACL QF-2LEG】全北×浦和【@全州】

9/26 19:00~ 全北現代モータース×浦和レッズ @全州W杯スタジアム

全北0 2浦和
NO. 選手 時間 NO. 選手
'3 11 達也
'65 -- 自殺点







☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
------達也---永井-----
-MF-------------------
-------ポンテ---------
--平川-----------山田-
-----長谷部--啓太-----
-DF-------------------
--阿部----------坪井--
--------闘莉王--------
-GK-------------------
---------都築---------

田中達也 → ワシン㌧ (58分)
ロブソンポンテ → 小野伸二 (76分)
鈴木啓太 → 内舘秀樹 (90+分)






☆試合感想☆
おいらの海外遠征初勝利でございますですよ。
試合以外の韓国遠征記は追々書く予定なので試合感想のみ。
立ち上がりからエンジンがかかっていたのか、平川→ロブソン・ポンテ→達也で先制。
その後全北のイライラが悪い形で出始める。 前半21分に退場者を出し、試合は決まってしまったのかもしれない。 だが、レッズとしては最後まで集中して試合をしていた。
球際は譲らず、相手の挑発には乗らず、審判の裁定には過度に文句を言わない。
冷静かつファイトしている状態を全員が持っていた。
ピッチ外でも色々あったが、終始冷静にやれたのが勝因であろう。
4千人といわれるレッズサポーターの一人であったことが幸せだし、試合後のWe Are Diamondsは最高のものだった。




各選手の評価は↓で。



都築(6.5)終始冷静で、逆に都築らしくないと思うほど(笑)
闘莉王(7.0)制空権にビルドアップに体を張り続けた。
坪井(7.5)守備の安定感と安心感はアジア屈指。相手の監督が問題にしたシーンも逆サイドから見てもクリーンなスライディングだった。
阿部(6.5)大きなミスもなく安定したプレー。2点目も演出?
啓太(7.0)彼のボール捌きで救われた部分が大きい。準決勝は彼なしでは勝ち取れなかっただろう。
長谷部(6.5)一時期のスランプからも段々と抜け出している模様。出来はよかった。
山田(6.0)安定感もあり、サイドでの競り合いにも尽力。
平川(6.5)1点目の起点となるパス(ミスパス?)を出した。試合の流れを大きく動かすパスだった。
ポンテ(7.5)汚いチャージにもめげず攻撃の意識をずっと持ち続けた。この試合も彼に感謝するべきだろう。
達也(7.0)オフサイド?と論議をよんでいるが、ゴールと判定された以上、文句は言わせない。良い反応。ナイスゴールだった。
永井(6.5)前線からの守備は良かった。消える時間も今までに比べれば少なくなってきた。
内舘(---)短時間につき評価無し。いつもの彼らしい感じだった。
小野(---)リズムを変えるほどではなかった。
ワシン㌧(6.5)前線でのポイントになっていたし、永井への決定的なパスも出した。そこそこ良かったかと。

【リーグ26節】横浜FM×浦和【@日産ス】

9/22 19:00~ 横浜Fマリノス×浦和レッズ @日産スタジアム

横浜FM0 1浦和
NO. 選手 時間 NO. 選手
'65 9 永井







☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
---ワシン㌧---永井----
-MF-------------------
-------ポンテ---------
--相馬-----------山田-
-----長谷部--啓太-----
-DF-------------------
--阿部--------堀之内--
--------闘莉王--------
-GK-------------------
---------都築---------

永井雄一郎 → 田中達也 (74分)
鈴木啓太 → 内舘秀樹(84分)
ロブソン・ポンテ → 小野伸二(88分)



☆横浜Fマリノススタメン☆

-FW-------------------
-----大島----坂田-----
-MF-------------------
---マルケス----清水---
----------------------
------那須--河合------
-DF-------------------
--小宮山---------田中-
-----栗原---中澤------
-GK-------------------
---------榎本---------

清水範久2枚目のイエローカードで退場(75分) 坂田大輔 → 山瀬幸宏 (76分)
河合竜二 → 狩野健太 (85分)



☆試合感想☆
マリノスにとっては観客数が多く入るホームゲーム。試合間隔も1週間なので問題なし。
レッズにとってはACLの谷間の試合なのでACL第2戦が気になりつつも試合間隔は短い。
モチベーションと体力面とでハンデを負っている中で如何に上手く試合をコントロールするか?という試合。
マリノスはキーマンの#10山瀬功治が出場停止のため、清水、那須を中盤で起用する布陣。
対するレッズは#11田中達也をACLのために温存し、試合に臨んだ。
マリノスは#11坂田、#15大島らで多くの決定機を作ったが、後一歩ゴールに届かない。
逆にレッズは数少ないチャンスを#9永井がきっちり決め、そのまま逃げ切り体勢に。
数年前では考えられなかった試合巧者ぶりを発揮し、レッズがきっちり「ウノゼロ」で逃げ切った。




各選手の評価は↓で。

全文を表示 »

【ACL QF-1LEG】浦和×全北【@埼スタ】

9/19 19:30~ 浦和レッズ×全北現代モータース @埼玉スタジアム2002

浦和2 1全北
NO. 選手 時間 NO. 選手
17 長谷部 '4
11 達也 '59
'90+ 4 チェジンチョル







☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
------達也---永井-----
-MF-------------------
-------ポンテ---------
--平川-----------山田-
-----長谷部--啓太-----
-DF-------------------
--阿部----------坪井--
--------闘莉王--------
-GK-------------------
---------都築---------

ロブソンポンテ → 小野伸二 (79分)
田中達也 → 内舘秀樹 (90+分)






☆試合感想☆
アジアのチャンピオンを決める難しい戦いが始まった。
決勝トーナメント初戦は前回王者の全北現代モータース
第1戦だけで決まるわけじゃないので闘い方が難しいところ。
終了間際の失点が悔やまれるが、第2戦の結果を見てから語るのが妥当なのかも知れない。
とりあえず先勝したことを喜ぶとしよう。




各選手の評価は↓で。



都築(6.0)失点に責任は少ない。キックミスもあり、上手く時間を使ったりするような流れに持っていけなかったのも残念だ。
闘莉王(7.0)制空権と2点目の演出とまさに主役な活躍だった。
坪井(6.5)無理なく安全にプレーしていた。守備の安定には欠かせない存在だった。
阿部(6.5)大きなミスもなく安定したプレー。
啓太(6.5)中盤の安定に尽力した。安心感のある戦いが出来たのは彼によるところが大きい。
長谷部(6.0)得点は見事だったが、ボール捌き、攻撃に行くタイミングなどは改善の余地アリ。
山田(6.0)サイドとしての出来はあまりよくなかったが、守備面でも自慢の1対1が抜かれるシーンも。
平川(6.5)サイドに積極性をもたらした。守備面でも貢献。
ポンテ(6.5)ACLの闘い方を良くわかっている感じがした。チームのバランスの取り方流れの作り方など一流の選手だ。
達也(7.0)良いゴールもあったが、もっと取れるチャンスもあった。第2戦にも期待しておこう。
永井(6.0)1点目のアシストにはなったが、消えている時間も多かった。第2戦に期待しようかなと。
内舘(---)短時間につき評価無し。失点は彼のせいではない。
小野(5.0)リズムを返ることは出来なかった。

【リーグ24節】浦和×大宮【@埼スタ】

9/1 19:00~ 浦和レッズ×大宮アルディージャ @埼玉スタジアム2002

浦和0 1大宮
NO. 選手 時間 NO. 選手
'60 14 森田







☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
------達也---永井-----
-MF-------------------
-------ポンテ---------
--相馬-----------山田-
-----長谷部--啓太-----
-DF-------------------
--阿部--------堀之内--
--------闘莉王--------
-GK-------------------
---------都築---------

長谷部誠 → 小野伸二 (63分)
相馬崇人 → 小池純輝 (82分)



☆大宮アルディージャスタメン☆

-FW-------------------
-----森田---デニ丸----
-MF-------------------
---橋本--------大悟---
------慶行--佐伯------
-DF-------------------
--波戸-----------西村-
-----富田--レアンドロ-
-GK-------------------
----------江角--------

デニスマルケス → 桜井直人 (58分)
佐伯直哉 → 斉藤雅人 (64分)
西村卓朗 → 村山祐介 (79分)



☆試合感想☆
同じ地区、同じスタジアムで試合をするダービーマッチ。
リーグ首位に立ったレッズと降格圏に入っている大宮。
レッズが上からの立場で試合に入ってしまった事がこの試合大きな失敗だった。
楽して勝てる試合なんてひとつも無い。謙虚にサッカーをやることの大切さを知らされた試合だった。




各選手の評価は↓で。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

にく 29

Author:にく 29
雑感をダラダラと書き綴るブログなんで意見とか感想とか適当にコメントつけてくださると中の人が喜びます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア3

楽天トップ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: