FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

2020-08

【ACL第2節】シドニーFC×浦和【@Aussie Stadium】

驚くほど疲れているのでまずは試合レビューだけ~。 3/21 ACL第二節 シドニーFC×浦和レッズ @Aussie Stadium 20:00~ まずはスコアから
シドニーFC2 2レッズ
NO. 選手 時間 NO. 選手
12 CARNEY '1
6 TALAY '22
'30 10 ポンテ
'55 9 永井

☆浦和レッズスタメン☆

-FW-------------------
----ワシン㌧---永井---
-MF-------------------
--------ポンテ--------
----------------------
-小野------------山田-
-----阿部---啓太------
-DF-------------------
--ネネ--闘莉王--坪井--
-GK-------------------
---------都築---------

ネネ → 長谷部誠 38分
山田暢久 → 平川忠亮 61分
平川忠亮 → 細貝萌 85分

レッズの前節甲府戦と同じ。
いつものメンバーでどれだけアウェイで戦えるのか。
初めてのACLアウェイ公式戦で難しさが出た試合となりました。
☆シドニーFCスタメン☆

-FW-------------------
--------Zdrilic-------
-Brosque-------Calney-
-MF-------------------
--------Corica--------
----Talay----Middleby-
-DF-------------------
-Stanley------Milligan
----Rudan----Fyte-----
-GK-------------------
--------Bolton--------

MIDDLEBY→ZADKOVICH 41分
ZADKOVICH→MCFLYNN 46分


☆試合感想☆
まず各々のゲームプランとしてはこうだっただろうと思われる
浦和レッズ …アウェイ初戦で入り方が難しいので、とりあえずロースコアで試合を推移させ、やれるところとやれないところをはっきりさせる。
       それで後半勝負に持ち込み、最悪勝ち点1、出来れば勝ち点3を持って帰りたい。
シドニーFC…コンディション的にいい状態では無いので、前半から積極的にリードを狙いに行く。
       前半は押し切り、後半は選手交代等でリズムを落ち着かせ逃げ切る。

こういうゲームプランを持って試合に臨んだとするならば完全にシドニーFCのペースで試合は推移したと言っていいだろう。
前半立ち上がり完全いペースを掌握したのはシドニーFCだった。
守備面においてはやや不得手感のある小野ーネネラインの左サイドを圧倒的に仕掛けられた。
立ち上がりの失点もそのサイドからセンターにボールを一度預けることによってネネがDF2人を見る形になり、そこからの崩しで失点。
続いて23分右サイドからの突破を闘莉王と坪井で挟んで止めるもこれがPKの判定。
翌日現地新聞によると、闘莉王がFWの足首を蹴ったためによる反則と解釈されているようだ。
0-2になったところで相手の3トップを抑える方法の再検討が必要とされた。
そこで闘莉王を中心としたDFラインは4バックを選択する。
山田を右SBとし、伸二をボランチとすることで相手とのマッチアップを明確にする。
ポンテのミドルシュートで1-2としたあとにネネの負傷で阿部が左サイドに入った。
後半は概ねレッズペース、相手の運動量が落ちてきたこともあり、途中出場の長谷部が躍動する。
なお、同点ゴールは相手GKBoltonのセーブミスから生まれたものだ。
その後シュートの形まではいくものの、ゴールまではいたらず2-2のドローで終了となった。
お互い勝利する可能性のある試合であったが、前半はシドニーの試合、後半はレッズの試合だったのでこのドローは妥当なものであろう。

評価その他は↓で



都築(6.0)立体感の感じられないスタジアムということもありミスキックも多かった。2失点の責任はほとんど彼のものではない。
坪井(5.5)2点目の失点は彼の不用意な抜かれ方から生まれたものだった。まだコンディションは7割といったところか。ホームで挽回をば。
闘莉王(6.0)2失点目のファール、立ち上がりの不安定感などはあったが、チーム全体に気持ちを注入したのは間違いなく彼だ。
ネネ(5.0)怪我で途中交代。ひざを押さえていたが、長期離脱となるとそのままサヨナラになってしまうが果たして…。
啓太(6.0)攻守にわたり精力的に動いていた。後半に間延びした中盤のつなぎ役をこなせていた。
阿部(6.5)ボランチ→左SBとマルチにポジションをこなした。また攻め上がりも数度見せ、段々フィットしてきているのが伺える。
小野(5.0)1失点目はいただけない。ロースコアで試合がしたい中、守備が求められるポジションで1分にマークをはずしてしまったのは残念だ。
山田(6.0)右SBにまわってからは相手の良さをしっかり消し、試合を落ち着けていた。
ポンテ(6.5)彼の得点はチームに勢いを与える。0-2になり、相手も浮いた気持ちになっている時に大切なゴールをあげてくれた。
永井(6.0)好調なFWには得点機会が転がってくるもの。まさにそんなゴールでした。本来のウイングでも良さは出ていた。
ワシン㌧(5.5)相手のDFの体格も良いので得意の展開にはなかなか持っていけなかった。しかし、前線でのポイントになれていたし、セットプレイ時の守備にも貢献

長谷部(6.5)俺たちの長谷部が帰ってきました。後半に中盤のリズムを生み出したのは間違いなく彼です。スペースのある中盤に君臨していました。
平川(5.5)空いてきた中盤を生かすための運動量として投入もあまり良さは出し切れなかった。
細貝(6.0)最低限のドローを勝ち取るために投入。中盤での守備も精力的に行っていた。今後につながる数分間であったと思う。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rgb29.blog81.fc2.com/tb.php/125-b216b1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

にく 29

Author:にく 29
雑感をダラダラと書き綴るブログなんで意見とか感想とか適当にコメントつけてくださると中の人が喜びます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア3

楽天トップ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: