FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

2020-08

リーグ32節 VS甲府 @埼スタ

リーグ第32節 甲府戦

/* ここからコピペ */
試合前の状態で首位で2位と勝ち点3差
今節負けると2位転落もあるのでホームできっちり勝ちたい試合
/* ここまで30節のレビューのコピペ */

要するに30節と全く同じ状態なわけだ。ただ残り試合は3になった。
これは上位の方が有利かな?相手は残留も決まった目標が無い状態甲府なのでしっかり勝ちたいですね。



スタメンは以下のとおり

ーーーーーーーーワシン㌧ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー山田ーーポンテーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーアレックスーーーーーーーーーー平川ーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー啓太ーーーー長谷部ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーネネーーー闘莉王ーーー内舘ーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー山岸ーーーーーーーーーー

けが人が何人か居るので現状のベストメンバーです。
ホームらしくいつもの布陣って所でしょうか。

試合結果
'46 ワシン㌧
'64 山田暢久
'68 ワシン㌧

浦和3-0甲府

試合レビュー等は↓でやりますか。 総評

前節18本のシュートを打ちながら無得点。自慢のホームに帰ってきてきっちり勝てるかどうかが焦点。
戦前の予想通り浦和ペースで試合が進み、前半に甲府のDF秋元が退場し、2つのPKをゲットする。
しかし、これをともにワシン㌧がはずし、嫌な流れのまま前半を終える。
後半点が入らない嫌な流れを断ち切ったのもワシン㌧自身だ。
3-0になってからは試合が落ち着き、ペースも落ちた。
苦しい前半に対して後半頭から仕掛け、点をもぎ取ったのが勝因であろう。



評価

山岸:バレーのシュートミスや、ポストにすくわれた面があったが、無失点。試合を落ちつけるようにコントロールできたら一流キーパーの仲間入りか。 評価6.5
内舘:マルケス・ヨンセン・バレーと相手のエースに3試合連続マッチアップ。いい形で守れていたと思う。 評価6.5
闘莉王:バレーに対する制空権。中盤のビルドアップにも顔を出す。 評価6.5
ネネ:ネネワールドなプレイもあったが落ち着いてこなせていたかと。怪我での交代っぽいので次節大丈夫? 評価6.5
平川:普段より攻守にわたり献身的なプレイは今節も見せてくれた。前半の長いフリーランは圧巻でした。あとはクロスの質だなぁ。 評価6.5
啓太:闘莉王が自重気味だったのでボランチとして君臨し続けた。サイドに顔を出す動き、中盤の寄せ。無失点の功労者です。 評価6.5
長谷部:縦への動きが今までの試合より多く見られた。決定的なチャンスも何度か迎えた。あとはゴールがほしいね。 評価6.5
アレックス:CKでのアシストなどきっちりと結果に残して見せた。守備は課題があったものの久々にFKのゴールが見たいですね。 評価6.0
山田:アシストに得点。終盤はDFラインまで顔を出し精力的な守備。攻守にわたり貢献。今節もMOM。 評価7.5
ポンテ:しびれるシュートを決める!ってところまでは行きませんでしたが、得意のレンジから狙う姿は完全復活の時近し? 評価6.0
ワシン㌧:2発のPKを決められないならもっと近い位置から打てばいい!と自ら実践して見せた。得点王まで後2試合だ。 評価7.0

細貝:しっかり抑えるところは抑える守備が出来たと思います。次節も出番があったらきっちりこなし、代表に行ってください 評価6.0
相馬:ポンテへの決定的なクロスなど、入ってからは左が活性化したと思います。あと2試合出番はあるでしょう 評価6.5
永井:持ち前のドリブルは完全には発揮できなかったが、ドリブルのリズムは好調なものだと感じた。 評価6.0
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rgb29.blog81.fc2.com/tb.php/40-33918000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

にく 29

Author:にく 29
雑感をダラダラと書き綴るブログなんで意見とか感想とか適当にコメントつけてくださると中の人が喜びます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア3

楽天トップ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: