FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

2020-08

アジアチャンピオンズリーグ【ACL】

さて、ACL開幕まであと1ケ月を切ったのでACLについて少し書いてみる。

ACLとはもちろんアクセス制御リストのことではなく、AFCチャンピオンズリーグの事です。
AFCとはアジアサッカー連盟の略語です。
要するにアジア各国のリーグ戦を勝ち抜いたクラブが己のプライドをかけてアジア王者を決める大会という事ですね。

日本のチームは以下のグループに入っている

--------------------------------------------------------
グループE
①浦和レッドダイヤモンズ(Jリーグ優勝・天皇杯覇者)
②シドニーFC(オーストラリアチャンピオンファイナル)
③上海申花(中国スーパーリーグ2位)
④ペルシク・ケディリ(インドネシアリーグ優勝)
--------------------------------------------------------
グループF
①バンコク・ユニバーシティ(タイリーグ優勝)
②川崎フロンターレ(Jリーグ2位)
③アレマ・マラン(インドネシアカップ覇者)
④全南ドラゴンズ(韓国カップ覇者)
--------------------------------------------------------

各グループでホーム&アウェイ方式で試合をするので、予選は各チーム6試合行われる。
1位のみ決勝トーナメント進出となる。


我等がレッズのグループについて少し分析してみる。

①浦和レッドダイヤモンズ(Jリーグ優勝・天皇杯覇者)
ACL初出場。対アジアとの試合経験がほとんど無い事が弱点。
強固なディフェンスでリーグを制し、戦力的にもダウンはほとんど無い。
しかし、Jリーグとは異なるサッカーをするアジア各国との試合で自慢のディフェンスや、得点力が変わるかもしれない。

②シドニーFC(オーストラリアチャンピオンファイナル)
一昨年の世界クラブ選手権に出場したクラブとして有名。
今年からアジアに移ってきたため、ACLでの闘いは未知数。
今期はすでに監督交代などが行われ安定した様子ではないが、その辺はレッズも同じなので問題は少ないと思われる。

③上海申花(中国スーパーリーグ2位)
ACLではおなじみのクラブ。決勝トーナメントにも進んだ経験がある。
中国らしい激しいプレイが信条。今期は上海聯城に買収され、上海申花と上海聯城の合併チームにて参戦の模様。
上海聯城は中国のIT長者が買収したクラブらしく、金満クラブだという話だ。
戦力アップと見るべきか、この時期の合併がチームの不協和音となるか。

④ペルシク・ケディリ(インドネシアリーグ優勝)
完全にデータが無いクラブ。
おいらが知っているのは以前城南一和に15点取られて虐殺された事や、マリノスのユース級の選手達に負けたくらい。
3/7のホームで様子を見ながら闘うのか、得失点差を稼ぎに行くのか。チームの方針が大事かもしれない。
スポンサーサイト



コメント

まずホームでしっかり勝つのが前提なんでしょうね。
その上でペルシク戦アウェイとシドニー戦アウェイは勝ちたい。

よって3連勝してアウェイの上海の試合に乗り込みたいんだよね。
3連勝で乗り込めればここはドローでもいいみたいな感じかなぁと思っている。

基本的には韓国のクラブがいなければ大丈夫でしょう。
うちはホームで上海申花に負けたけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rgb29.blog81.fc2.com/tb.php/93-60b55db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

にく 29

Author:にく 29
雑感をダラダラと書き綴るブログなんで意見とか感想とか適当にコメントつけてくださると中の人が喜びます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア3

楽天トップ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: